wafuwafu雑記帳

気になったことを気ままに書き連ねていきます。

スポンサーリンク



カテゴリ: テクノロジー

注意:違法ダウンロードは犯罪です。本記事の内容はあくまでも「百度云」がいかに無法地帯であるかを紹介する意図に基づいているのであり、違法ダウンロードを推奨及び紹介するものではありません。

 ついにやってきました、百度云。その中でも特級でヤバイのが「网盘」です。一度情報を整理しておきます。

百度云…百度のクラウドサービス
网盘…オンラインストレージ

 という感じなのです。実は百度云にも多様なサービスが有るのですが(正確には网盘の中にある)、日本からではほぼ無意味なサービスなので置いておきます。それに全然やばくないですし。ヤバイのは网盘なのです。

意外とまともそう。
2016y03m26d_125053307
コレ。
2016y03m26d_125106369
スマートフォンとの連携で5TBに増える脅威の仕様。
149x29x8b8e939256cc01921147c7c9a


 ここまでは良いんです。見た目もよく、便利そうな香りがしてきます。なんたって5TBは魅力的です。dropboxなんで目じゃないですね。しかしその「利用のされ方」がヤバ過ぎるのです。

 ここから画像を用いると危険な感じなので文字で行きます。さて、百度云にはなぜかファイルを公開するシステムがバッチリ備わっており、パスワードでアクセスを制限できる仕組みも採用されています。つまり他人とファイルをやり取りすることが「簡単に」出来てしまうのです。…勘の良い人は気がつくでしょうが、この仕組みを逆手に取って「違法なデータ」を共有し放題な状態なのです。
 試しに「日本語のCD名 baidu」で検索すればわかると思いますが、CDのデータまるごと流してあることがほとんどです。律儀にmp3化されてたりもします。そして手にはいらない筈のSACDのデータも大量に流れているのです。PS3をゴニョゴニョして強引にリッピングしたデータが流れ放題な状況です。もちろんゲームもヤバイです。3DSとかPSPとか、PS3もバンバン流れています。PCもです。さらにBDやDVDも生データごと流され、漫画までも生データと中国語訳データが出まわる始末です。どうなっているんだ百度云。
 しかも最高にたちの悪いことに、他のデータアップロードサービスとは違い広告や面倒なクリックなしにダウンロードし放題なのです。時間がたっても消えません。流石に速度制限はかかりますが、それでも速いですし快適です。で、サーバー管理するのもアップロードするのも中国人なので日本から打つ手ナシ。もう無法地帯どころの話ではありません。

 ということで百度云の異様なヤバさをわかってもらえたと思います。上手に使えば最高のサービスなので、「正しい使い方」で使うにはなんにも問題ありませんが、ひとたび間違えると非常に危険な領域に突っ込みます。清く正しく、百度を使いましょう。

…え?アカウントが作れない?QQ経由でどうぞ。



百度の闇が深い件について  おわり。


 前回の百度の闇が深い件について [百度音乐 編]では音楽ダウンロードサービスを何故か百度が堂々と提供している、というお話をしました。で、音楽とくれば「本」ですよね?ということで今回は本を無断で配布して「いた」 百度文庫についてです。

 実はもう解決している問題といえばそうなのかもしれませんが、2010年ごろに百度文庫が始まった際は「本物の本」をデータ化しばら撒くという驚異のサイトでした。しかもそれが違法ではないというもはやなにがなんだかわからない状態でした。現在は落ち着いて(その分、今度お話しする「百度云」に大量に流れているとも聞きます)いるようで、まともなデータしか目につきません。

トップページ
2016y03m26d_124023771
資格のデータも閲覧可能。
2016y03m26d_124031920
日本語も学べるようで。自作の資料とはよくやるもんです。
2016y03m26d_124200229
何が書いてあるか漢字だからわかるような。
2016y03m26d_124230897

 ということで今回はそこまで深い闇ではありませんでした。というか百度の闇は現在、ある一点に集中しておりそれ以外は比較的クリーンに見えてしまうだけなのですけれども…ということで次回はみなさんお待ちかね?の「百度云」についてみていきます。




 京王(新)5000系について[デザイン編]ではデザインについて触れましたが、それより大切なのが設備です。

・シート
クロスシートとロングシートに切り変えが効くというのはなかなかおもしろい試みです。まあプレスリリースの画像を見る限りロングシートに転換した際、6人がけとなるようで従来の7人がけよりも減っていますので、ちょっと問題ありそうな気がしなくもありません。ま、豪華そうだからいいか。
まあクロスシートの時はかなりゆったり出来そうですけれども…なんか…頭を置く部分がE231の某硬いアレを思い出させてくるような…
2016y03m27d_163205842
・ディスプレイ
JR西日本チック(そんなことない)な頭上にもディスプレイ、という状態になっています。どうも京王5000系は保守的じゃないですね、コレを見ると。…便利かどうかは置いておいて。

・VVVFインバーター
プレスリリースには「新型VVVFインバータ制御装置」 を導入すると書かれています。東芝のPMSMか日立のIMか(双方ともにIGBT)、なのでしょうか。少なくとも従来からのGTO素子はもう時代遅れになってきていますから(というかもうおわっている)、IGBT素子の「どれか」が装備されるのでしょう。あとは、別のプレスリリースを見る限り8000系に2023年度までに導入されるものとおなじになるのでしょうか。その辺りも気になるところです。

・蓄電池
コレ一番でかいニュースですよ。なんたって

電車がブレーキをかけた際に発生する回生電力を車両に搭載した蓄電池に充電し、電車が走行す
る際の電力として供給するシステム。導入により回生電力の利用効率を高め、電車の走行電力の
さらなる削減を図るほか、停電時は自力走行にて橋梁等の場所から移動させることが可能です

とあるんです。 今までの車両ではなし得なかった蓄電池での自走が可能となっているのは驚きです。もちろん蓄電池はE233系にだって装備されている、極めて一般的なものです。停電時には照明や放送に使います。ですがそれで自走というのはいままでありえなかったのです。あのE235系でさえそういう話はありませんし、まさに「初の」試みなのかもしれません。
もちろんこれも技術の裏付けがあるからできることです。京王5000系は総合車両製作所で製造されますが、その総合車両製作所の「EV-E301系」 でのデータが確実に役立っています。なにせ蓄電池で走行をするということ自体最近になってやっと実現でいるようになった技術なわけですから、まだまだ「ホット」な技術なわけです。適当に作れるはずがありません。それを京王5000系に搭載するのですから、ちょっとした自信があるのでしょう。なにせ親会社であるJR東日本で問題を起こすのと、顧客の線路で問題を起こすのでは差がありすぎますから。
 


 さてさて、デザインを見るだけでは酷く没個性的で微妙な印象だった京王5000系が、この記事では俄然輝き出しました。没個性的な見た目のくせに、革新的な車両なのですから。蓄電池、本当にびっくりすると同時に感動的ですらあります。正直、西武の走るソーセージなんかより遥かに期待しています(というかあれに期待できる人はそんなにいないはず)。 実車の登場が本当に楽しみです。…どうせ総合車両製作所のことですから高速で製造しそうな気もしますが。




スポンサーリンク

↑このページのトップヘ