wafuwafu雑記帳

気になったことを気ままに書き連ねていきます。

スポンサーリンク



カテゴリ: ゲーム

前提条件
 AGB_FIRMを弄るなどしてGBAソフトを導入、またはバーチャルコンソールでGBAのソフトを持っている人が対象です。いわゆるパーティションをバックアップ・リストアする、意味のない方法ではありません。ちゃんとセーブデータだけをバックアップ・リストアする方法です。当たり前ですが、自分でGBAソフトを導入する場合は、自分でバックアップしたものを使いましょう。

バックアップ・リストア方法
 はじめに、一度セーブデータをバックアップしたいGBAソフトを起動します。その後終了します。セーブする必要はありません。あくまでも起動することが大切なのです。
 というのも、これから紹介する方法では「最後に起動したGBAソフト」のセーブデータのみを読み込むようになっているからです。選択はできないのです。

今回は牧場物語をチョイス。ROMのダンプはDSlite経由で行いました。
DSC_0417
起動して終了させます。(セーブはしなくてOK、起動さえすれば良いのです)


 次に、Decypt9WIPを入手(以下のリンクより)し、さらにSDカードのルート上にfiles9というフォルダを作ります。そしてDecypt9WIPを起動します。(起動する環境はemunand上でもsysnand上でも構いません。)
※最新版は何故か起動しなかったので、古いDecrypt9WIPを使用しています。
※Decrypt9UIはgbaのセーブデータをバックアップ・リストアする機能がありません。(パーティションをダンプする機能はありますが、使えないファイルなので意味がありません。)

★ここでポイント
 files9内にslot0x24keyY.binかaeskeydb.binがないとGBAのセーブデータがバックアップ・リストアできません。少々よろしくないファイルなので、各自で探してコピーしておくようにしてください。おすすめはaeskeydb.binです。4つのキーが入っているので…


起動したらsysnand optionsを選択します。(GBAのセーブデータはemunandで起動しようともsysnandに保存されるため、というかemunandで起動すると自動でsysnandに切り替わって起動するので…)
DSC_0408

次に一番下のMiscellaneousを選択。
DSC_0409
そしてGBA VC Save Dumpでセーブデータをバックアップします。(リストアはinject)
DSC_0410
すると実行していいか聞かれるのでAを押して続行。
DSC_0411
もともとファイルが有る場合、上書きするがいいか?と聞かれます。良ければAで続行します。
DSC_0412
一瞬で完了するので、STARTを押して再起動するなどした後、電源を切ってSDカードを取り出します。
DSC_0413
この時点でバックアップは完了です。SDカードのfiles9フォルダ内に、gbavc.savというファイルが出来上がっています。これがセーブデータです。

★ここでポイント
 何故か64KBまでしかセーブデータを保存できない(VCの都合?)ので、ポケモンなど128KBのセーブデータはツールなどで読み込んだり、元のROMに書き込んでも動作しません。そのため、以下のリンクよりDSSaveToolsをダウンロードして、サイズを変換しましょう。適当にOtherでも選んで変換すればOKです。
 3DSに書き戻す際は、ダンプしたときと同じサイズになるようにすればOKです。

※消えてなくなると困る(DS・PSP時代の遺産はどんどん消えてますからね…)ので、一応こちらでもアップしておきます。


リストアする際は、injectよりリストアするのですが、流石に警告が表示されます。画面に従って操作しましょう。
DSC_0414
Aで続行します。
DSC_0415
これで書き戻すことができました。
DSC_0416

おわりに
 どこも扱っていない情報なので、まとめておきました。この方法であれば、実機とのセーブデータの共有も可能です(ポケモンエメラルド・牧場物語にて実証済み)。
 少々手順がややこしく、ゲームによってはセーブデータの変換が必要な場合もあるなど、面倒なのですが、興味のある方はやってみてはどうでしょうか。


はじめに
 この記事は以下の記事を汎用的なものに書き換えたものです。MHXXについて、詳しくは以下のリンクよりご覧ください。



メモリを多く使うソフトとは
 古い3ds(いわゆるo3ds・old3ds)では、メモリを多く使うソフトを動作させるためにOSを終了させてから再起動を行うことで、メモリを強引に確保しています。例としてはモンスターハンターシリーズなどは、この方式を取っているものがあります。
 この場合、ntr cfwのようなosに介入して動作するものが「終了」させられてしまい、動作しないという事態が発生してしまいます。それを回避するためにntr cfw mode-3というものが存在しています。これを使用することで、o3dsにおいてもメモリを多く使うソフトにおいてntr cfwが使用可能となります。


必要なもの・条件

・NTR CFW(mode-3)…mode3とは、o3dsにおいてメモリ不足のためntr cfwが動かないのを解消するためのものだそうです。n3dsでは通常のntr cfwを使うように、ともされています。

 ここから、BootNTR-Mode3.ciaとntr.zipをダウンロードします。BootNTR-Mode3.ciaはFBIなどを経由し、3DSにインストールします。ntr.zipは、中身のntr.o3ds.binをSDカードのルートにコピーします。

・プラグイン等

 有名なspeedflyから落とすのが一番ラクです。

 ★ここで条件!

 Plugins in extended memory mode should not take too much memory. It is recommended that plugins should not take memory larger than 300KB (including the plugin file and the memory dynamically allocated from the plugin).
 拡張メモリモードで動作するゲームでのプラグインは、多くのメモリを確保してはいけません。プラグインが300KB(プラグインファイルと、プラグインに直接割り当てられるメモリを含む)より大きなメモリを確保すべきではありません。

 つまり、せいぜい数十KBのcheat.plgでないとmode3において動作しないのです。なので、speedfly.cnなどにおいて、mode3用(またはo3ds用とされています)のものを探すことで、動作が可能となります。

 ファイルを手に入れたら、cheat.plgと改名します。
 ここでSDカードのルートにpluginフォルダを作り、その中にゲームのIDでフォルダを作ります。その中にcheat.plgを配置します。

 ※ゲームのIDは以下のリンクより調べてください。


 構造は

 SDカード
 L plugin
  L ゲームのID
   L cheat.plg

 となるようにするわけです。

★ここでワンポイント!
 一部のチートはdisplay.plgを使います。これは3dsの都合上、画面に文字を表示するためには別途プラグインを読み込まないといけないためです(PSPなどはそんなことなかったのですが…)。speedflyでダウンロードしたものに同梱されているはず(されていなければMHX用のものなどをダウンロードすると入っているはず)なので、cheat.plgと同じ場所に配置しておきます。名前はdisplay.plgでOKです。
 例…MHXXでモンスターの体力を表示するチートにはdisplay.plgが必要。

起動してみる

それでは3DSを起動してみます。こちらはluma3ds、emunand 11.3、o3ds、MHXXで実施しました。
まずは、ntr cfw mode3を起動します。
DSC_0401
下画面に文字が表示されますので、homeに戻るよう指示があったら、homeボタンを押してホーム画面に戻ります。
DSC_0402
DSC_0403
ここで「絶対にntr cfwを終了させずに」(要は閉じない、MHXXの起動時に「中断しているソフトを終了してこのソフトをはじめますか?」と聞かれたらそこは「OK」を選択してOK)、ソフトを起動します。3DSのロゴが表示されているときに一瞬画面が緑色になれば、cheat.plgを読み込んで正常に動作する証拠です。(ならなければファイルの配置ミスor読み込みミス、再度トライしてみましょう)
DSC_0404
DSC_0405
XとYを同時に押せばこの通り、動作します。チートはgame pluginからAボタンで選択します。戻るときはBで戻れば自動で有効になります。(OFFにするときも同様、チート機能自体のON・OFF機能はありません)
DSC_0400

以上です。

メモリを多く使わないソフトは?
 公式でもアナウンスされているのですが、通常のntr cfwを使ってほしい、とのことです。mode-3は機能に制限があるため、できるだけ通常のものを使うのが良いかと思われます。 


動きました


 などと、動かない動かないと連呼しておりましたが、特定の条件を満たせばo3dsでもntr cfwが動作し、チートなどを使用することが出来ることを確認しました。誤報を流してしまい、申し訳ありません。

※n3dsの方はこの記事を参考にしなくても、通常の方法でntr cfwを使用できます。この記事はo3ds向けのものです。…とはいっても、インストールするciaファイルとbinファイルを変えるだけなのですが。

必要なもの・条件

・NTR CFW(mode-3)…mode3とは、o3dsにおいてメモリ不足のためntr cfwが動かないのを解消するためのものだそうです。n3dsでは通常のntr cfwを使うように、ともされています。

 ここから、BootNTR-Mode3.ciaとntr.zipをダウンロードします。BootNTR-Mode3.ciaはFBIなどを経由し、3DSにインストールします。ntr.zipは、中身のntr.o3ds.binをSDカードのルートにコピーします。

・プラグイン等

 有名なspeedflyから落とすのが一番ラクなような。

 ★ここで条件!

 Plugins in extended memory mode should not take too much memory. It is recommended that plugins should not take memory larger than 300KB (including the plugin file and the memory dynamically allocated from the plugin).
 拡張メモリモードで動作するゲームでのプラグインは、多くのメモリを確保してはいけません。プラグインが300KB(プラグインファイルと、プラグインに直接割り当てられるメモリを含む)より大きなメモリを確保すべきではありません。

 つまり、せいぜい数十KBのcheat.plgでないとmode3において動作しないのです。なので、speedfly.cnなどにおいて、mode3用(またはo3ds用とされています)のものを探すことで、動作が可能となります。

 参考…以下のリンクの、百度(baidu)からダウンロードすると、MHXXのmode3用のファイルが手に入るので、使ってみても良いかもしれません。


 ファイルを手に入れたら、cheat.plgと改名します。
 ここでSDカードのルートにpluginフォルダを作り、その中に0004000000197100というフォルダを作ります。その中にcheat.plgを配置します。

 ※0004000000197100とは、MHXXのIDです。他のゲームのIDは以下のリンクより調べてください。


起動してみる

それでは3DSを起動してみます。こちらはluma3ds、emunand 11.3、o3dsで実施しました。
まずは、ntr cfw mode3を起動します。
DSC_0401
下画面に文字が表示されますので、homeに戻るよう指示があったら、homeボタンを押してホーム画面に戻ります。
DSC_0402
DSC_0403
ここで「絶対にntr cfwを終了させずに」(要は閉じない、MHXXの起動時に「中断しているソフトを終了してこのソフトをはじめますか?」と聞かれたらそこは「OK」を選択してOK)、MHXXを起動します。
DSC_0404
DSC_0405
XとYを同時に押せばこの通り、動作します。
DSC_0400

以上です。




スポンサーリンク

↑このページのトップヘ