なぜLuma3DS?
 
【重要】ファームウェア11.3にて、この記事の手法で作成したemunandが使えなくなることが一部で報告されています。(当方の環境では動作しています。環境によって差が出るのかもしれません。)新たな手法を紹介していますので、新しい記事(【11.3 emunand対応】9.2の3dsにluma3dsを導入する)を見ながら作業してください。



 なぜLuma3DSの紹介をするかというと、このブログにて散々紹介してきたrxtoolsですが、どうにも更新が止まってしまっているようで、使い勝手がよくなくなってきているのです。reinandにしても更新が止まっているようで…しかもrxtoolsは3dsのOSの一部ファイルを必要とし、それが手に入らなくなってきているという現状があります。
 となると必然的に更新をしてくれているLuma3DSが界隈のメインになってくるわけです。もちろんLuma3DSは特殊なファイルなしにスムーズに導入することが出来ます。ぶっちゃけFBIのinjection以外は楽々できます。
 今回はそんなLuma3DSの導入方法について、「arm9loaderhax」でない環境を対象として解説していきたいと思います。
(自分が怖いだけ)
※過去記事を改変しながら解説をしていますので、画像の日付などは気にしないでください。


とりあえず必要なもの

・3DS本体(バージョンは9.2であること)
 参考…【o3ds】4.4→9.2にアップグレードする方法
    3DS購入からrxtoolsを使えるようにするまで[ダウングレード・emunand構成編]
・SDカード(当たり前)
・インターネット接続環境(wi-fiも)



gateway3ds launcherの導入…sysnandのバックアップ、emunand作成

 まず、emunand作成のためにgateway3ds launcherを導入します。まずは以下のアドレスにアクセスします。
http://www.gateway-3ds.com/
 次にページ上部のDownloadタブを開き、最新のgateway3ds launcherをダウンロードします。launcherは「Firmware GW X.X.X-BETA “Ultra”」に入っています。
 アップデート等でファイル構成が変わってよくわからなくなっていますが、launcher.datを見つけてください。これだけををSDカード直下に配置し、そのSDカードを3DSに挿入します。


★ここから慎重に!
http://go.gateway-3ds.comに3DSのブラウザでアクセスします。以下の画像のようにお気に入りに入れると便利かもしれませんが、今回はあんまり必要ありません。URL直打ちでOKです。
DSC_0163
うまくいくと、以下のようになり、ブラウザがクラッシュします。とりあえずちょっと待ちます。
DSC_0168
以下の画面になったら「L」を押します。必ず、です。
要はgateway modeではなく、メニューを開くためにこの操作を行います。
DSC_0169
以下のようになればOKです。
DSC_0164
十字キーを用いて左へ進めていくと、BACKUP SYSTEM NANDというものがあるので、Aボタンで実行します。特に危険な操作ではありませんので、サクサク進めます。
DSC_0165
ひたすら待ちます。
IMG_20151119_001456
バックアップが終わったらlauncherを終了し、出来上がったNAND.BINをPCにバックアップします。必ず保存するようにしましょう。なにかあったときに、どうしようもなくなります。
 
★終了方法…電源ボタンを4秒ほど長押しします。そしてしばらく待つと電源が落ちます。この方法はいつでも使えるのでフリーズ時などに試してみてください。
 
警告:バックアップしたものをそのまま書き込むとbrickします。hardmodなどで緊急時に書き込む以外は絶対に書き込みをしないでください。

その後、もう一度http://www.gateway-3ds.com/にアクセスし、Lを押してメニューにアクセスします。そしてFORMAT EMUNANDをAボタンで実行します。
★ここでのformatとは「構成」の意味です。消去じゃないのです。とはいってもデータは全部消去されるのでご注意を。
★emunand導入でSDカードが1GB(n3DSだと2GB)占有され、さらにパーティションが区切られ、通常の操作では見ることができなくなります。ここから分かる通り、SDカードの移行には結構手間がかかるので、大容量かつ耐久性のあるSDカードにemunandを構成することおすすめします。
DSC_0166
時間がかかりますが、ゆっくりと待ちましょう。終わったら電源を切ります。

 これで、emunand(正確にはGW nand)が完成しました。ここからが本番です。
 
homebrewlauncherの導入

 luma3dsを実行するには、まず、homebrewlauncherを経由して作業できるように環境を構築しなくてはなりません。とりあえずここにアクセスしてみましょう。
 そうしたら下へスクロールします。するとこのような表示がありますので、画像に従ってペイロードをダウンロードしてください。ペイロードは3dswebkithax.binにリネームして、SDカードの直下(ルート)においてください。
2016y03m08d_132148450
 メインとなるスターターキットもダウンロードします。見つけにくいので、下の画像を参考にしてみてください。ダウンロードしたら、「zipファイルの中身をそのままSDカードの直下(ルート)」へ入れます。要はboot.3dsx、3dsフォルダ、ThemeフォルダがSDカードの直下にあればOKです。
2016y03m08d_132159586
 ここまでで準備したSDカードを3DSに挿入し、LRを押して以下のQRコードを読み取ります。
3dsbrowserhax_auto_qrcode

追記…上記のQRコードがサーバーダウンなどの理由により、使用できないことがあるようです。
redditの有志により、ミラーサーバーが建てられていましたので、上記のQRコード使用不能時には以下のものを利用してみてください。

[有志によるミラー](サイト自体はこちら…http://browserhax.dahou.se/
qrcode

時代の流れか、たぶん以前は必要だった以下の操作は要らないはずです。即起動してくれるかと思います。
★フリーズすることもあるので、諦めず何度もトライしましょう。
★ここで操作がo3dsとn3dsで異なります
a.o3dsの場合 QRコード経由でサイトにアクセスすると特になにも起こりません。そこで画面を最大化し(必要ありませんが操作しやすくするため)、画面左上にあるスライダーを適当にタッチペンなどで連打します。するとフリーズするので暫し待つとlauncherが起動します。
b.n3dsの場合 どうも手順を踏まなければいけないようなので、yellows8/browserhax_fright/README.mdの一部を和訳しておきます。
1) Disable wifi.(wi-fiをいったん無効にする)
2) Scan the QR-code in Home Menu, or goto the target URL in the browser.(QRコード経由でサイトにアクセス)
3) Exit the browser and re-enable wifi.(ブラウザを終了し、、wi-fiを有効にする)
4) Launch the browser. By just launching the browser(with the current URL set to the mp4), the exploit will automatically trigger without any more user-input.(ブラウザを起動すると自動で先ほどのサイトにアクセスし、(ついでにstagefright特有のmp4を自動で読みこむ)ユーザーの操作なしに自動でexploitが発動する)

つまりはo3dsはsliderhaxなるexploit、n3dsは一時期スマホでも話題になったstagefrightを利用しており、それぞれ発動方法が異なるようです。


 その後、homebrewlauncherが起動することを確認します。以下の画像のようになればOKです。
DSC_0181
 
ここまでで導入は完了です。
★起動しなければもう一度QRコードを読み取ることからやってみましょう。起動率は高いですが失敗することもありますので。

Luma3DSの導入

 ついにLuma3DSを導入していきます。まずは、Luma3DSをダウンロード(github)しましょう。

★ここでポイント!
ダウンロードしたzip内の
・arm9loaderhax.binをSDカード直下に配置(arm9loaderhaxは使いませんが、このファイルは必要です)
・haxフォルダは、その中にある3dsフォルダをそのままSDカード直下に配置(上書き)
…これだけです。datファイルの配置はいらないのです。なんてコンパクト、なんてスマート。

先程導入したhomebrewlauncherを同様の方法で起動します。すると 以下のようにLuma3DSがあるはずです。それをAボタンを押して実行します。
 DSC_0259
最初はこの画面が出ます。次からはスキップされてしまうので、このメニューを呼び出す場合はSELECTボタンを押しながらLuma3DSを起動するようにしましょう。
DSC_0260
メニューの内容ですが、下の画像の通りチェックを入れれば基本的には困らないと思います。(GBAの方はいらない人が多いかも)Show NAND or…という部分は、バージョン情報の部分にemunandであることを表示する機能なので、あるといいです。
DSC_0262
終わったらSTARTボタンを押して起動します。

 これにて「Luma3DSの導入」は終了です。お疲れ様でした。

★ここで「リンク」を切り離すと塩梅が良いので、emunand(Luma3DSを起動させている状態)かsysnand(通常)で本体の初期化をしておきます。わすれないでやってください。


FBIをinjectする

 ネイティブにhomebrewをインストールして動かすには、「cia」ファイルをインストール出来るようにしなければいけません。しかし現状、emunandを起動したからといってどうこうすることは出来ないのです。

 そこで、decrypt9というツールを用いて、「安全に使用するために」というソフトウェアに「FBI」と呼ばれるciaインストーラーを強引に押し込みます。

 decrypt9をダウンロード(github)しましょう。

★ここでポイント
・D9UIフォルダはSDカード直下に配置
・Decrypt9UIフォルダは、SDカードの直下にある3dsフォルダに配置

そうしたら、再度homebrewlauncherを起動します。以下のようにdecrypt9があるので、起動します。
DSC_0263
起動するとこのような画面になります。
DSC_0265
LRをうまく押しながら、下画面の上部がEMUNANDになるようにします。
★注意
絶対にSYSNANDにはしないでください。特にinjectする際、sysnandにしてしまうとbrickする恐れがあります。


一番下の、MISCELLANEOUSを選択します。
DSC_0268
一番上のHealth&Safety Dumpを選択します。
DSC_0269
以下の画面になったら、Aボタンを押して続行します。
危険な操作ではありません。
DSC_0271
完了すると、以下のようになるのでSTARTを押して再起動します。その後3DSの電源を切り、SDカードを抜きます。
DSC_0272


 PCでSDカードの中身を見てみると、hs_emu.app(またはhs.app)が出来ています。これでダンプが出来ているということになります。

 次にUniversal-Inject-Generator(github直リン)をダウンロードして、PC内の適当なところに展開します。
 また、FBI(github)(ここではcia版)をダウンロードします。

★ここでポイント
先程展開した、Universal-Inject-Generator-masterフォルダ内にあるinputフォルダに
・FBI.cia
・hs_emu.appをリネームしhs.appにしたもの
を入れ、go.batを実行します。
★★ここでhs_emu.appは必ずバックアップをとっておきます。でないと、emunandといえど「安全に使用するために」がもとに戻せなくなります。

 すると、go.batと同じ階層にFBI_inject_with_banner.appとFBI_inject_no_banner.appが出来上がります。バナーありのほうが便利なのでFBI_inject_with_banner.appをhs_emu.appにリネームし、SDカードに入れます。(上書き)
※名無しなのかさん、ありがとうございます。修正しました。

再度homebrewlauncher経由でdecrypt9を起動し、EMUNANDまで移動します。MISCELLANEOUSを選択し、ここでは「inject」の方を実行します。
★警告
ここでSYSNANDを選んだ場合、brickする可能性があります。よく確認してください。

DSC_0270
警告が出るので、指示通り操作します。(流石にここは、画面に表示されている英語をちゃんと読んで操作しましょう)
DSC_0273
処理されるので待ちます。
DSC_0274
完了したらSTARTボタンで再起動します。
DSC_0275


 これで「安全に使用するために」にFBIが導入できました。このままでもいいのですが、見栄えが良くないと思う人は「安全に使用するために」経由でFBI.ciaをインストールして、「安全に使用するために」を元に戻すというのも手です。(そうするとhs_emu.appのバックアップが活きてくるわけです)

 以上でciaファイルがインストールできるLuma3DSな環境が整備できました。

このままだと不便なので…

 ぶっちゃけ、毎回homebrewlauncher呼び出してLuma3DSを起動するのは面倒くさいので、menuhax(themehax)経由でのctrbootを有効にすることで起動時に呼び出しをできるようにもできます。詳しくは【3ds 9.2向け】browserhax→themehax→ctrboot導入までをご覧ください。
 なお、3dsxファイルはLuma3DSのzip内にある、menuhaxフォルダの中のboot.3dsxを使用するようにしてください。(haxフォルダ内のものを流用しない、ということです。)


おわりに

 今回は非常に長く煩雑な手順でした。しかしrxtoolsよりは必要なファイルも減り、法的に問題のあるファイル(firmware.bin)も不要になるなど進化をしています。

 さて、2016年10月現在の主流はLuma3DSということでこのようにまとめましたが、また月日が進むと新たなCFWが出てくるかもしれません。まあ、流石に3DSも終わりが見えてきている気がするので、そこまで出てこない気もしますが・・・・ 

Q&A

Q…なぜemunand9でなくgateway3ds launcherを使うの?
A…気分です。実際、どっちでもいいです。

Q…rxtoolsからluma3dsに乗り換えるには?
A…arm9loaderhax.binとboot.3dsxさえコピーすれば、menuhax(themehax)環境ですぐに移行できます。
rxtools → luma3ds への移行方法をご覧ください。

おことわり

本記事及び本ブログの内容によって、なんらかの不具合を3DS及びPCにきたしたとしても、保証しかねます。 本記事内では非常に危険な操作はありませんが、ファイル等に十分に注意して作業を行うようにしてください。





 


スポンサーリンク