そもそもbrowserhax→themehax→ctrboot導入で何ができるようになるのか、というとこれが便利なものでして、3dsを起動するだけで「rxtools」「hblauncher」「reinand」、あとは導入しているなら「gateway 3ds」を選択して起動できるようになるのです。
 つまりは従来のprofile expolitやbrowser経由のexpolitのような面倒くさい操作なしに、スマートに起動できるようになるのです。俗にいうcoldbootってやつですね。

【前提条件】 
・3dsのバージョンが9.2であること
・rxtoolsなどのCFW導入は「現段階では」関係なし
・自己責任で物事を進める勇気

【手順】
ここから各種ファイルをDLし、配置
1.ペイロードをDL
…画像の通りに操作してください。今回はo3dsの9.2向けです。最後に水色で囲ったDownload otherappをクリックしてペイロードをダウンロードします。
2016y03m08d_132148450
2.ダウンロードしたペイロードのリネーム
…3dswebkithax.binにリネームし、SDカードのルートにコピーします。
3.先ほどのページで「starter.zip」をDL
…画像の通り、見つけにくいので注意して探してください。
2016y03m08d_132159586
4.starter.zip内のファイルたちを「そのまま」SDカードのルートにコピー

②3DSのカメラ経由で以下のQRコードを読み取り、ブラウザでサイトにアクセス
3dsbrowserhax_auto_qrcode
追記…上記のQRコードがサーバーダウンなどの理由により、使用できないことがあるようです。
redditの有志により、ミラーサーバーが建てられていましたので、上記のQRコード使用不能時には以下のものを利用してみてください。

[有志によるミラー](サイト自体はこちら…http://browserhax.dahou.se/
qrcode

時代の流れか、たぶん以前は必要だった以下の操作は要らないはずです。即起動してくれるかと思います。
★フリーズすることもあるので、諦めず何度もトライしましょう。
★ここで操作がo3dsとn3dsで異なります
a.o3dsの場合 QRコード経由でサイトにアクセスすると特になにも起こりません。そこで画面を最大化し(必要ありませんが操作しやすくするため)、画面左上にあるスライダーを適当にタッチペンなどで連打します。するとフリーズするので暫し待つとlauncherが起動します。
b.n3dsの場合 どうも手順を踏まなければいけないようなので、yellows8/browserhax_fright/README.mdの一部を和訳しておきます。
1) Disable wifi.(wi-fiをいったん無効にする) 
2) Scan the QR-code in Home Menu, or goto the target URL in the browser.(QRコード経由でサイトにアクセス) 
3) Exit the browser and re-enable wifi.(ブラウザを終了し、、wi-fiを有効にする) 
4) Launch the browser. By just launching the browser(with the current URL set to the mp4), the exploit will automatically trigger without any more user-input.(ブラウザを起動すると自動で先ほどのサイトにアクセスし、(ついでにstagefright特有のmp4を自動で読みこむ)ユーザーの操作なしに自動でexploitが発動する) 

つまりはo3dsはsliderhaxなるexploit、n3dsは一時期スマホでも話題になったstagefrightを利用しており、それぞれ発動方法が異なるようです。

③hblauncherが起動することを確認
ここまででbrowserhaxの導入は完了です。
★起動しなければもう一度②からやってみましょう。起動率は高いですが失敗することもありますので。

ここにアクセスし、menuhax_v2.2.zipをダウンロード(記事作成時点でのバージョン、最新のものがいいです)

⑤menuhax_v2.2.zip内の3dsフォルダをSDカードのルートにコピー
★上書きだの統合だのが出ても気にせず続行してください。上書きしちゃいます。

⑥再度②を実行し、hblauncherを起動
DSC_0181
⑦menuhax managerをAボタンで選択し、起動
DSC_0182
⑧InstallをAボタンで選択し、続行
DSC_0183
終わり次第指示通りに終了しましょう。
★ここでは初期設定のLボタンを押しながら起動で「boot.3dsx発動」になっています。手放しで起動させたい(つまりはなにかボタンを押しながら起動で通常のsysnand起動)or任意のボタンで起動したい(手放し起動でsysnand通常起動)場合、Installの2つ下にあるconfigureに十字キーでカーソルを合わせ、Aボタンを押します。その後もう一度Aボタンを押し、type選択画面に行きます。そこで「type1」を選択し、Aボタンを押します。その後「任意のボタンで起動」する場合は「任意のボタンを押しながら下画面タップ」、「何も押さずに起動」する場合は「なにもボタンに触れず下画面タップ」します。終わったら⑧のInstallを実行すればOKです。
DSC_0184
★電源が切れないときは電源ボタン4秒長押しののち、手を放して数秒放置すれば電源が落ちます。

⑨⑧で自分の指定したキーを押しながら(押さない場合は押さずに)3DSを起動する

⑩hblauncherが起動したらthemehax成功

ここからCtrBootManager-1.9.zipをDL
ページの下のほうにちょこんとあるのでそれを探してダウンロードしましょう。

⑫ctrbootmanagerを設定する
★ここでは「一番簡単な」方法で書きます。もっと詳しく編集したい方向けに別記事で解説を行っていますので、下のほうのリンクからどうぞ。
1.SDカード内にある「boot.3dsx」(現時点ではhblauncherのファイル)を「boot_hb.3dsx」にリネーム
2.CtrBootManager-1.9.zip内の2ファイルをSDカードのルートにコピー
3.コピーしたboot.cfgを編集しますが、メモ帳で開くと書式が崩壊するので「ワードパッド」で開く
4.以下が基本的な部分の初期状態となっています(boot.cfgの中から探してください)

// Boot menu entries (11 max)
entries =
(
{
title = "ReiNand";
path = "/ReiNand.dat";
offset = "0x12000";
},
{
title  = "rxTools";
path = "/rxTools/sys/code.bin";
offset = "0x12000";
key = 0; // key to override default boot entry (A)
},
{
title  = "HomeBrewMenu";
path = "/boot_hb.3dsx";
},
{
title  = "HomeMenu";
path = "homemenu"; // magic path for homemenu, do not change
},
{
title  = "Reboot";
path = "reboot"; // magic path for reboot, do not change
},
{
title  = "Shutdown";
path = "shutdown"; // magic path for poweroff, do not change
}
);
 
5.邪魔なのでkey = 0; // key to override default boot entry (A)を一行丸ごと削除(改行も残さないように)
6.reinandを導入していない人は以下を丸ごと改行も残さず削除

{
title = "ReiNand";
path = "/ReiNand.dat";
offset = "0x12000";
},

7. すると以下のように

// Boot menu entries (11 max)
entries =
(
{
title  = "rxTools";
path = "/rxTools/sys/code.bin";
offset = "0x12000";
},
{
title  = "HomeBrewMenu";
path = "/boot_hb.3dsx";
},
{
title  = "HomeMenu";
path = "homemenu"; // magic path for homemenu, do not change
},
{
title  = "Reboot";
path = "reboot"; // magic path for reboot, do not change
},
{
title  = "Shutdown";
path = "shutdown"; // magic path for poweroff, do not change
}
);
 
★これで選択画面で3秒以内に選択操作を行わなければrxtoolsが自動起動するようになります。その他設定は以下をご覧ください。(reinandの設定を削除していない人はreinandがrxtoolsの代わりに同様の動作を行います)
★rxtoolsはいろいろと便利ですので【3ds】rxtools 3.0 導入方法 から導入しておくことを強くおすすめします。

8.上書き保存してSDカードを3DSにもどす

⑬⑨と同じように起動

⑭紫色の背景に選択画面が出ればctrboot導入完了 
★ここでは⑫で言ったようにrxtools(削除次第でreinand)が選択画面の3秒放置で自動起動する設定になっています。 


***番外編***
ctrbootなんていらない!
という人は「自分の起動したい.3dsx」をboot.3dsxにしてSDカードのrootに置けばOKです。



 ということでやけにしんどい導入方法ですが、一度導入すれば素晴らしく便利なものです。ちょっと時間がある方はぜひ導入していただければと思います。 


参考:【ctrbootmanager】boot.cfgの構造について 


スポンサーリンク