【注意!】
ついに11.3にて、rxtoolsは使えなくなりました。luma3dsへの移行が必須となっています。詳しくは【11.3 emunand対応】9.2の3dsにluma3dsを導入するをお読みください。
この記事の内容は最新の状況には全く即していませんので、使えません。単なる3dsハックの記録です。rxtoolsを今から導入するメリットは一切ありません。luma3dsを導入してください。


【注意】
rxtoolsは時代遅れになってきています。luma3dsについて解説をしましたので、以下のリンクより御覧ください。
9.2の3DSに、Luma3DSを導入する


※一部手順に不備がありましたので修正を行いました。
※さらに細かい部分を修正。

この記事では、3DS購入からrxtoolsを使えるようにするまで[rxtools導入・emunandアップデート編]の内容を修正し、最新の状況に適合できるようにしたものです。
なお、対象FWは4.X系列及び9.2です。
追記…9.2にアップグレードする手法を公開しました。【o3ds】4.4→9.2にアップグレードする方法よりどうぞ。なお、9.2でもrxtools 3.0の導入は本記事の⑰までは同様の手順になります。

【本記事の大まかな流れ】
rxtools導入→code.binをブラウザで読む手法でrxtoolsをセットアップ→profile exploit経由でrxtoolsを起動可能にする
※あくまでも本筋で、ctrbootやらmest dgなどの手法もリンクしてあります。


前回に続き、rxtoolsを導入していきます。
★前回の、⑧⑨以外の手順を踏むことで(もちろん⑩もやります)emunandを構成できます。必ずemunandを構成してから本記事の内容に入ってください。

①rxtoolsをダウンロード
rxtools  
上のリンクからrxtools 3.0(現時点ではbeta 2)をダウンロードしてください。
※当記事作成時点でのお話しです。基本的に上のほうが新しいバージョンなので試したい方はどうぞ。ただしnightly buildについては不具合が多々あるので相応の覚悟を持って使用してください。
★3.0 Alpha 0やNightly build 83afbb6、そしてこれらより前のバージョンのものはfirmware.binが必要です。「firm」フォルダは最新のものにのみ使えます。firmware.binは当該バージョンのrxtoolsをダウンロードし、④⑤を実施することで手に入ります。入手したfirmware.binはSDカードのルートにコピーです。
★どうしてもファイル構成がイメージできない場合、rxtoolsに同梱のQuickStartGuide_v3.0.pdfを読むと幸せになれるはずです。


②python 2.7をダウンロード、インストール
Download the latest version for Windows - python
リンクより3.5ではなく、2.7をダウンロードし、インストールしてください。

③①でダウンロードしたファイルを適当なフォルダにすべて展開
rxtools 3.0というフォルダでも適当に好きなところ(PCの)作って、ダウンロードしたファイルの中身を全て展開します。

④③で展開したフォルダ内にあるToolsフォルダ内の「o3ds_cdn_firm.py」(o3dsの場合)または「n3ds_cdn_firm.py」(n3dsの場合)を実行
2016y02m17d_230445729

⑤とりあえず待つ
※この時、作業が完了しenterキーを要求される場合があるようです。その場合は素直にenterキーを押すもよし、ウィンドウを閉じるもよし、です。
2016y02m17d_230458063

⑥firmフォルダがToolsフォルダ内にできるので、それを「rxtools」フォルダに移動
2016y02m17d_230518509
つまりは③で展開したフォルダの中にあるrxtoolsフォルダにfirmフォルダを移動するのです。
2016y02m17d_230531837
⑦rxtoolsフォルダをSDカードにコピー
この際slot0x25KeyX.binもどうにか手に入れてSDカードにコピーしてください。
ヒントはbaiduとでも検索ワードにくっつければいいです。しかしこのファイルについては、もうちょっとまともに作成することが可能ですので、出来たらご自身の手で作成すると法的に塩梅がよくなります。
(rxtoolsフォルダ内ではなく、SDカードのルートにコピーです。)
★sysnandのバージョンが8.0以上ならslot0x25KeyX.binは不要です。

※以下の赤字はn3dsのみ実施してください
key_0x1B.binとkey_0x16.binが最新のemunandの構成には必要です。なんとか入手し、microSDカード直下においてください。なお、やっぱりといいますか、ヒントは「検索ワードにbaiduくっつければ」…です。中国、ヤバい。

⑧http://dukesrg.github.io/?rxtools/sys/code.binに3DSのブラウザでアクセス
※http://launch.rxtools.netはrxtools.datを読みに行くので使えません。laifさんのご指摘ありがとうございます。
※本当にスマートにいくなら、この⑧を実行する前に⑱⑲を行うといいかと思います。
初回起動時は必要なファイルをコピーするため、起動に時間がかかります。
DSC_0170

下の画像になったら、なにかキーを押します。
DSC_0171

⑨とりあえずemunandを起動してみる
下画面のRXMODEタブをAで選択します。
DSC_0172
以下のようになったら「Y」を押してemunandを起動してください。
DSC_0173 (1)


⑩しばらく待つとemunandが起動するので本体設定でバージョンを確認
★emunand起動中はSDカードを抜かないこと。即フリーズします。データ破損にもつながるので、電源OFFしてから作業しましょう。
★本体設定を抜けるとsysnandに戻ります。くれぐれもご注意を。
 emunandのホーム→emunandの本体設定→これを抜けるとsysnandホーム

⑪念入りにRX3Dが付いていることを確認しアップデート
RX3Dと先頭についていれば大丈夫です。ついていなければここから先の手順には絶対に進まず、今までの手順をもう一度行い先頭にRX3Dがつくまで何度もトライしてください。RX3Dと先頭についていなければsysnandです。emunandは先頭にRX3Dがついています。これをよく確認してアップデートしてください。
DSC_0148
★アップデートに失敗する?
 再起動を何回してもダメな場合、単にwi-fiとの相性が悪いなんてこともあります。接続するアクセスポイントを変えるのも手の一つです。

⑫再度rxtoolsからemunandを起動しバージョン確認
以下のようにアップデートできていれば成功です。
★別に10.3になるというわけではなく、アップデート時点の最新版になるはずです。
DSC_0181

⑬rxtools起動時にLを長押ししてメニューに入る
★gateway launcher同様なにも操作しないとemunandを勝手に起動します。
1.ADVANCED OPTIONSを選択
DSC_0175
2.INSTALL FBIを実行
DSC_0176
3.エラーが出るので「v0」「v1024」「v2050」のうち何が表示されたかをメモし、電源OFF
★別にメモした後はemunandを起動しようがなにしようが良いです。別にどれが合致するかを確認するためだけなので。
4.rxtools v2.6.zipのfbi_injection/jpn/「先ほどメモったバージョン」のフォルダの中身をSDカードにコピー
5.再度INSTALL FBIを実行
6.多分成功します
7.そうしたらまたまたemunandを起動します

⑭「安全に使用するために」を起動
DSC_0177
FBI(CIAインストーラー)が起動します。
DSC_0178
ちゃんとホームボタンで終了できます。
DSC_0180


⑮ここで「sysnand」または「emunand」どちらでもいいので本体を初期化
ぶっちゃけどっちをやっても問題無いです。
★ここで「リンクを切る」ことによってemunand上でインストールしたCIAがsysnand上に現れる、いわゆるラッピング箱問題が解決します。

⑯SDカード内のNintendo 3DS/[数字]/[数字]/extdataと同じ階層に
・dbsというフォルダを作成
・その中に適当に作ったメモ帳をリネーム&拡張子変更した「import.db」「title.db」を入れる
★数字のフォルダが2つもある!
 どっちがsysnandかemunandかはぶっちゃけわからないので両方に同じことしておいてもいいかもです。

⑰emunand上で本体設定を起動
データ管理を選択
DSC_0182
NINTENDO3DS データ管理を選択
DSC_0183
ソフト管理を選択、するとエラーが出るので初期化を選択
DSC_0184
★これをしないとCIAファイルのインストールが出来ないのです。

⑱profile exploit(mset)導入
★以下は4.Xまたは9.2までのo3DSでmsetをダウングレードしたもののみできる方法です。その方法については【3ds】msetのダウングレード方法にあります。ダウングレードした後、本記事の以下の手順を行ってください。
★それ以外方法で起動したい方はthemehaxからのctrbootmanager導入を紹介していますので、以下の手順を実行せず、【3ds 9.2向け】browserhax→themehax→ctrboot導入までを御覧ください。

1.③のフォルダ内にあるmestフォルダ内のrxinstaller.binをSDカードにコピー(ルートに、です)
2.以下のサイトに3DSのインターネットブラウザでアクセスし、暫し待つ
http://dukesrg.github.io/?rxinstaller.bin
3.とりあえずブラウザがクラッシュするまで待つ
※待っても待ってもダメなら一度ブラウザを終了させると、突然エラーが出て成功していることがわかる場合もあります。そうでもなければもう一度チャレンジです。

⑲動作確認
sysnandで本体設定を開き、その他の設定をタップ。
DSC_0182
ユーザー情報をタップ。
DSC_0185
DSソフト用設定をタップ。
DSC_0186
これでrxtoolsを実行できればすべて終了です。
★DS向けソフトを起動すると、このprofile exploitは無効になり、再度ropのインストールが必要です。

[注意:この記事を見てゴニョゴニョして壊れても知りません。hardmodで直してください。]

★★当ブログではCIAの変換等は紹介いたしません。また、その変換元となるファイルは必ずgateway launcherを通してダンプしてください。著作権法の改正により、現在はダウンロードも立派な犯罪です。

あとがき…
当ブログの記事の増加に伴いさまざまな方法が提示できるようになりました。


スポンサーリンク