wafuwafu雑記帳

気になったことを気ままに書き連ねていきます。

スポンサーリンク



HENkakuとは

 Yifanlu氏らteam molecularがリリースした、3.60のvita向けのHEN(Homebrew Enabler)。kernel exploitを突いており、これはvita史上初となります(HENkakuは単一のexploitを突いているわけではない模様。user modeのものも突いている?)。もちろんこれだけではバックアップ起動などは実現できませんが、vitaminやmaidumptoolなど、いわゆるトリックを用いてDRMとPFSを解除したデータを取り出し、それを起動することが可能な状況です(HENkakuは未署名・非暗号化なものを起動できる)。解析は進んでおり、最重要コアとなるF00Dがxyz氏などにより解読されつつあるため、いつの日か完全にハックされてしまう可能性もあります。

★HENkakuのポイント
・自作ソフトが起動できるHomebrew Enabler
・プラグインをサポート
・バックアップ起動は暗号化キーが見つかっていないので出来ないはずだが、マウントするなどのトリックによってDRMとPFSを解除し、それを取り出したものを起動することは出来る
・起動毎にHENkakuを導入(exploitを突いて動作させる)ことが必要

必要なもの・環境

・3.60のvita(これ以外のバージョンは動きません、3.60以下なら3.60にあげることが出来ますが、それ以上のバージョンを3.60に落とすことはvitaのシステム的に不可能)
・wi-fi(vitaがHENkakuのサイトに接続できればいいので、スマートフォンのテザリングでもOK)
・PC(vitashellなど、便利なアプリの導入に必須です。しかしHENkakuの導入だけなら必要ありません)


HENkakuを導入

 非常にスムーズに導入できるので、3.60のvitaをお持ちの方は是非チャレンジしてみましょう。

①起動します。本体のバージョンが3.60であることを確認の上、インターネットブラウザを開きます。
2017-03-06-161543

https://henkaku.xyzにアクセス(手打ちでも、googleでHENkakuと検索してもOK)。

★別にこのページをブックマークしても、あんまり意味ないです。あとで紹介するページをブックマークしましょう。
2017-03-06-161652

③とりあえず読んで見ましょう。結構色々と書いてあります。
2017-03-06-161657

④決心がついたら、Installボタンを押しましょう。すると以下の画面になるので、Installを押します。
2017-03-06-161802
★3.60以外だと、弾かれます。(画像は3.63)
2017-03-06-161708

⑤自動でページが切り替わり、ロードし始めますので、ゆっくり待ちましょう。
★ここでエラーが出るときは、ブラウザごと終了して、もう一度①からやりましょう。
★ぶっちゃけ毎度毎度面倒なので、http://go.henkaku.xyz/をブックマークしておくと、開いた瞬間から全て自動で起動できます。(というか、HENkakuを二度目以降起動しようとブラウザを開くとこのページが残っており、手動で閉じでもしない限り自動で起動します)
2017-03-06-161809

⑥こんな画面になるので、待ちましょう。インストールが進んでいきます。(画像は2度目以降の起動、インストールはすでに済んでいるのでHENkakuの起動のみ)
2017-03-06-161815

⑦ホーム画面にmolecularshellがあれば成功です。
2017-03-06-161834
実はmolecularshellのバブルを開いた画面にある「install 変革」でも通常状態のvitaからHENkakuを有効化出来ます。(インターネットブラウザが立ち上がってHENkakuのサイトに自動でアクセスできるだけ。さっきのブックマークとかのほうが便利なんです…)
2017-03-06-161838


導入後

 導入後はvitashellをインストールするなどして、環境の整備をしていきます(長いので別記事にて扱います)。また、offline installerを導入して、インターネットブラウザではなくメール経由でHENkakuを有効化出来るようにすることも出来ます。もちろんプラグインを導入したりセーブデータのバックアップ・リストアもできるようになります。
 このブログでも備忘録として一部のものについては書いていきますが、それ以外のものは様々なウェブサイトを利用して導入してみてください。 




スポンサーリンク

なぜ移行する?

この記事は、過去の記事の焼き直しです。(過去の記事は消去してます)
11.3で大半の古いcfwが動作しなくなった現状を見る限り、rxtoolsに限定せず乗り換え方をお伝えすべきと思い、記事を一部修正の上、投稿しております。 


 最近、11.3によって過去のcfwの動作が不可能になってしまいました。ですので、更新が盛んで機能が最先端のluma3dsに乗り換えてしまおう、というわけです。a9lhにも対応するなど、素晴らしいluma3ds。移行、してみませんか?なにせファイルが「2つだけ」で済んでしまうんですから!しかも法的に問題のあるfirmware.binなど不要。スマートに移行しましょう!作業時間なんてうまく行けば5分かかりません。

※luma3dsを0から(emunand?なにそれ作ってない!という人)導入する場合は、【11.3 emunand対応】9.2の3dsにluma3dsを導入するをご覧ください。

前提条件

・なんらかのcfwが導入済みであること(つまりemunandが作成済みであること)
 ※当方が確認した限りではどんな方法で作成したemunandでもしっかり動作します。
・emunandにFBIなどのciaインストーラーが導入済みであること(今後の利便性にかかわりますので…rxtoolsなどでFBIをinjectした方が楽なんです)

①memuhax(themehax)導入済みで、ダイレクトにcfwを起動している場合

 つまり、boot.3dsx経由で直接cfwを起動しているパターンの場合です。


1. Luma3DSをダウンロードします。Luma3DSをダウンロード(github)しましょう。

2.ダウンロードしたzip内の
・arm9loaderhax.binをSDカード直下に配置(arm9loaderhaxは使いませんが、このファイルは必要です)
・menuhaxフォルダ内にあるboot.3dsxを、SDカード直下に配置(上書き)
…これだけです。datファイルの配置はいらないのです。

 3DSを起動すると、自動でluma3dsのメニューが起動します。メニューの内容ですが、下の画像の通りチェックを入れれば基本的には困らないと思います。(GBAの方はいらない人が多いかも)Show NAND or…という部分は、バージョン情報の部分にemunandであることを表示する機能なので、あるといいです。(誤ってsysnandをアップデートする可能性を低くするため)
★このメニューはLuma3DS起動時に、SELECTボタンを押しっぱなしにすることで、いつでも入れます。
DSC_0262
終わったらSTARTボタンを押して起動します。

以上です。


②memuhax(themehax)導入済みで、ctrbootmanager経由でcfwを起動している場合

 つまり、boot.3dsxはctrbootmanagerのもので、そこからcfwを起動している場合です。ctrbootmanagerについては【3ds 9.2向け】browserhax→themehax→ctrboot導入までを参照してください。


1. Luma3DSをダウンロードします。Luma3DSをダウンロード(github)しましょう。

2.ダウンロードしたzip内の
・arm9loaderhax.binをSDカード直下に配置(arm9loaderhaxは使いませんが、このファイルは必要です)
・menuhaxフォルダ内にあるboot.3dsxを適当な名前にリネーム(おすすめはluma3ds.3dsx)して、SDカード直下に配置(上書き)
…これだけです。datファイルの配置はいらないのです。

3.SDカード直下にあるboot.cfgを編集し、Luma3DSの項目を追加します。

{
title = "Luma3ds";
path = "/luma3ds.3dsx";
},

 これを適当なところに追加してください。offsetは要りません。

 この後、3dsの電源を入れてctrbootmanagerを起動します。 luma3dsの項目がありますので、それを起動すると、自動でluma3dsのメニューが起動します。メニューの内容ですが、下の画像の通りチェックを入れれば基本的には困らないと思います。(GBAの方はいらない人が多いかも)Show NAND or…という部分は、バージョン情報の部分にemunandであることを表示する機能なので、あるといいです。(誤ってsysnandをアップデートする可能性を低くするため)
★このメニューはLuma3DS起動時に、SELECTボタンを押しっぱなしにすることで、いつでも入れます。
DSC_0262
終わったらSTARTボタンを押して起動します。

以上です。

③mset経由でcfwを起動している場合(3DSで起動するflashcartを所持している場合)

 flashcart(当たり前ですが、3dsで起動するものです)を所持している場合です。まず、msetをダウングレードしていない場合、【3ds】msetのダウングレード方法を読んで、適切なダウングレードを行ってください。


1. Luma3DSをダウンロードします。Luma3DSをダウンロード(github)しましょう。

2.ダウンロードしたzip内の
・arm9loaderhax.binをSDカード直下に配置(arm9loaderhaxは使いませんが、このファイルは必要です)
・menuhaxフォルダ内にあるboot.3dsxをそのままSDカード直下に配置(上書き?)

3.flashcartのmicrosdにダウンロードしたzip内のmsetフォルダの中にある、Luma3DS.ndsをコピーします。

4.flashcartを3DSに挿入します。
私のflashcartではこのような表示になりました。
DSC_0283

5.flashcartを起動し、3DS ROP Installerを選択します。
DSC_0285

6.自分のmsetにあったものをインストールします。ちなみに私は9.2ですが4.Xにダウングレードしたmsetを使用しています。その場合DG表記がないものをインストールしても問題ありませんでした。
DSC_0287

7.導入は即終わるので、Aボタンを押して終了します。その後、ソフトを終了したとの表示が出るので、3DSの電源を切ります。

8.flashcartを抜き、3DSを起動します。

9.本体設定を開きます。その後、その他の設定を開きます。
DSC_0170

10.ユーザー設定を開きます。
DSC_0185

11.DSソフト用設定を開きます。これでboot.3dsxがロードされ、luma3dsが起動できるようになります。
DSC_0186

12.起動すると、自動でメニューが起動します。メニューの内容ですが、下の画像の通りチェックを入れれば基本的には困らないと思います。(GBAの方はいらない人が多いかも)Show NAND or…という部分は、バージョン情報の部分にemunandであることを表示する機能なので、あるといいです。(誤ってsysnandをアップデートする可能性を低くするため)
★このメニューはLuma3DS起動時に、SELECTボタンを押しっぱなしにすることで、いつでも入れます。
DSC_0262
終わったらSTARTボタンを押して起動します。

以上です。

④mset経由でcfwを起動している場合(3DSで起動するflashcartを所持していない場合)

 flashcart(当たり前ですが、3dsで起動するものです)を所持していない場合については、Luma3DS.datを直接msetで起動するために仕込んでくれるサイトは無いようです。今までrxtools.datなどのdatファイルをサイト経由で起動していた場合、Luma3DS.datをrxtools.datなどにリネームすれば動くかもしれません。調査不足で申し訳ありません。

追記…rxtoolsが使い物にならない状況です。もうネット経由でdatファイルを動かすのは主流ではありません。サイトも潰れまくってます。たぶん④はもう無理だと思います。

⑤インターネット経由でcfw起動している場合

 ブラウザ経由でcfwを起動している場合、luma3dsにスマートに乗り換え可能です。

1. Luma3DSをダウンロードします。Luma3DSをダウンロード(github)しましょう。

2.ダウンロードしたzip内の
・arm9loaderhax.binをSDカード直下に配置(arm9loaderhaxは使いませんが、このファイルは必要です)
・menuhaxフォルダ内にあるboot.3dsxを、SDカード直下に配置(上書き)
…これだけです。datファイルの配置はいらないのです。

3.以下のQRコードを、LRボタンを押してカメラを起動し、QR読み取りモードで読み込んでください。boot.3dsxが自動で読み込まれ、luma3dsが起動します。(QRコードはhomebrewlauncherのものを流用、boot.3dsxを読みに行く仕様は同じなので…)
3dsxロード



 自動でluma3dsのメニューが起動します。メニューの内容ですが、下の画像の通りチェックを入れれば基本的には困らないと思います。(GBAの方はいらない人が多いかも)Show NAND or…という部分は、バージョン情報の部分にemunandであることを表示する機能なので、あるといいです。(誤ってsysnandをアップデートする可能性を低くするため)
★このメニューはLuma3DS起動時に、SELECTボタンを押しっぱなしにすることで、いつでも入れます。
DSC_0262
終わったらSTARTボタンを押して起動します。

以上です。

このままだと不便…な場合

 毎回homebrewlauncher呼び出してLuma3DSを起動する場合のやり方は面倒くさいので、menuhax(themehax)経由でのctrbootを有効にすることで起動時に呼び出しをできるようにもできます。詳しくは【3ds 9.2向け】browserhax→themehax→ctrboot導入までをご覧ください。
 なお、3dsxファイルはLuma3DSのzip内にある、menuhaxフォルダの中のboot.3dsxを使用するようにしてください。(haxフォルダ内のものを流用しない、ということです。)

おわりに

 cfwユーザーは、既存のcfwの環境を維持しながらluma3dsに移行することが可能です。ですので、お試しでluma3dsを実行してみることもできます。ぜひぜひお試しください。
※当たり前ですが、11.3にアップしたらluma3dsしか使えなくなるはずです。



おことわり

本記事及び本ブログの内容によって、なんらかの不具合を3DS及びPCにきたしたとしても、保証しかねます。 本記事内では非常に危険な操作はありませんが、ファイル等に十分に注意して作業を行うようにしてください。
 




スポンサーリンク


【当ブログの利用についてのお願い】
当ブログ及び記事へのリンクは全てご自由にどうぞ。
但し法的に問題のあるウェブサイトからのリンク・転載等は一切お断りいたします。
記事全文のコピーなどの行為もお辞めください。一部引用等は問題ありません。

↑このページのトップヘ