wafuwafu雑記帳

気になったことを気ままに書き連ねていきます。

スポンサーリンク



vitashellとは

 vitashellとは、psp時代で言うpsp filerのようなシンプルなファイラーです。要はファイルを動かしたり名前を変えたり出来るものです。ftpやusb経由でデータのやり取りがPCと出来るため、vitaで遊ぶなら必須とも言えるアプリケーションです。
 しかしvitashellにはそれ以上に重要な機能、vpkファイルのインストール機能があります。これによってhomebrewなどを簡単にインストールすることができるのです。これがなければ始まらない、ともいえます。
※vitashellをちょっと改変したmolecularshellも同等の機能を備えていますが、usb接続機能がありません。なのでvitashellを普段使いにするのが良いかと思います。

必要なもの

・HENkaku起動済みの3.60のvita
・wi-fi
・PC(ftpクライアントが必要です)
 ★vita、PCは同一のネットワーク(wi-fi)に接続していることが条件となります
 

vitashellの導入

 一応細かい手順を追いながら解説をしていきます。分かっている人は飛ばしながらの導入でも構いません。

①ftpクライアントの導入
 vitaをwi-fiを通して通信するためには、ftpクライアントが必要です。ffftp(軽い・多機能)で良いので、以下のリンクからダウンロードしてインストールしましょう。


②vitaでmolecularshellを起動し、SELECTボタンを押す
 以下の画像で表示されている、192.168.1.X という部分(環境によって異なります。wi-fiネットワーク内で割り振られたアドレスです)と、その後ろの1337(環境によって異なります。ポート番号です)をメモしておきます。
2017-03-06-182745

③ffftpを起動し、上の接続をクリックし、さらに接続をクリック
2017y03m06d_183640998

④このような画面になるので、新規ホストをクリック
2017y03m06d_183703684

⑤「基本」タブでは、この様に入力
 ホストの設定名はなんでも良いです。ホスト名は先程molecularshellにてSELECTを押したときのものを入力します。あとはanonymousのチェックボックスにチェックを入れます。
2017y03m06d_183731839

⑥「拡張」タブでは、この様に入力
 ポート番号は、先程molecularshellにてSELECTを押したときのものを入力します。あとはOKを押し、設定を保存します。
2017y03m06d_183741004

⑦以下の画像のように、入力したものが表示されていればOK
2017y03m06d_183703684

⑧接続をクリックし、vitaと繋いでみる
 vita側ではmolecularshellを起動し、SELECTを押していることが条件になります。PCも同一のwi-fiネットワークに接続していなければなりません。

⑨うまく接続できるとこうなる
2017y03m06d_184616354

⑩ux0(メモリーカード)を開き、以下からダウンロードしたvitashellのvpkファイルを転送する(ドラッグ・アンド・ドロップでOK)

 ux0以外に書き込めない(表示されない)とは思いますが、一応言っておくと、ux0以外に書き込むとvitaが壊れる可能性があります。よく確認してください。転送が終わったら、ffftpは終了して構いません。
2017y03m06d_184621444

⑪vitaの操作に戻り、molecularshellでXを押し、元の画面に戻る
2017-03-06-182812

⑫先程転送したvitashellのvpkファイルを見つけ、Oボタンを押す
 以下のようにインストールするか聞かれるので、Oを押して続行します。場合によってはそれ以外の警告(vitashellによる本体の保護機能)が出るので、Oを押して続行します。
2017-03-06-182815
★場合によっては、このステップが実行できない時があります。その時はSTARTボタンを押し、以下の画像のメニューが表示されるので、Enable undafe homebrewをOnにしてから再度molecularshellを起動し直し、トライしてください。この設定をOnにすると、vitaを壊すようなhomebrewもインストール出来てしまいます。vitashellのインストールが終わったら、その後は信頼できるvpkのインストールに留めるか、設定をOffにしましょう。
2017-03-06-185524

⑬インストールが終わるともとに戻るので、moleculatshellを終了する
 ここでインストールが完了せずエラーを吐くと、vpkが壊れている証拠です。vpkファイルをダウンロードし直すなどしてください。(転送時の切断などのミスが一番多い)

⑭liveareaにvitashellが表示されていれば成功
2017-03-06-190142


vitashellでUSB接続

 molecularshellでは出来なかったusb接続が、vitashellなら可能です。転送速度が速く安定しているので、是非使っていきましょう。

vitashellを起動してSTARTを押し、メニューを出します。そこのSELECT buttonをUSBにします。
2017-03-06-190159
あとはSELECTを押せば以下の画面になるので、usbを挿します。(この前に挿せば、次の画像まで飛ばせます)
2017-03-06-190210
接続中の画面です。切断はUSBケーブルを抜くなり、Xを押して終了するなりしてください。
2017-03-06-190222
※usb接続だと、vita側で容量の反映がされないことがあります。データベースの再構築をしても変化しません。vitashellかmolecularshellでなんらか(なんでもいい、もちろんux0の中)のファイルを移動したり削除すると戻るはず…です。

おわりに

 vitashell、便利です。しかもwi-fiに繋いでおけば自動アップデート機能も動作(vitashellの起動中にアップデートするか聞いてくる)します。
 これでvitaで遊ぶ環境が整ったと言っても過言ではありません。セーブデータをバックアップしたり、adrenalineを導入してpspの遺産で遊んでみたりしてみましょう。




スポンサーリンク

HENkakuとは

 Yifanlu氏らteam molecularがリリースした、3.60のvita向けのHEN(Homebrew Enabler)。kernel exploitを突いており、これはvita史上初となります(HENkakuは単一のexploitを突いているわけではない模様。user modeのものも突いている?)。もちろんこれだけではバックアップ起動などは実現できませんが、vitaminやmaidumptoolなど、いわゆるトリックを用いてDRMとPFSを解除したデータを取り出し、それを起動することが可能な状況です(HENkakuは未署名・非暗号化なものを起動できる)。解析は進んでおり、最重要コアとなるF00Dがxyz氏などにより解読されつつあるため、いつの日か完全にハックされてしまう可能性もあります。

★HENkakuのポイント
・自作ソフトが起動できるHomebrew Enabler
・プラグインをサポート
・バックアップ起動は暗号化キーが見つかっていないので出来ないはずだが、マウントするなどのトリックによってDRMとPFSを解除し、それを取り出したものを起動することは出来る
・起動毎にHENkakuを導入(exploitを突いて動作させる)ことが必要

必要なもの・環境

・3.60のvita(これ以外のバージョンは動きません、3.60以下なら3.60にあげることが出来ますが、それ以上のバージョンを3.60に落とすことはvitaのシステム的に不可能)
・wi-fi(vitaがHENkakuのサイトに接続できればいいので、スマートフォンのテザリングでもOK)
・PC(vitashellなど、便利なアプリの導入に必須です。しかしHENkakuの導入だけなら必要ありません)


HENkakuを導入

 非常にスムーズに導入できるので、3.60のvitaをお持ちの方は是非チャレンジしてみましょう。

①起動します。本体のバージョンが3.60であることを確認の上、インターネットブラウザを開きます。
2017-03-06-161543

https://henkaku.xyzにアクセス(手打ちでも、googleでHENkakuと検索してもOK)。

★別にこのページをブックマークしても、あんまり意味ないです。あとで紹介するページをブックマークしましょう。
2017-03-06-161652

③とりあえず読んで見ましょう。結構色々と書いてあります。
2017-03-06-161657

④決心がついたら、Installボタンを押しましょう。すると以下の画面になるので、Installを押します。
2017-03-06-161802
★3.60以外だと、弾かれます。(画像は3.63)
2017-03-06-161708

⑤自動でページが切り替わり、ロードし始めますので、ゆっくり待ちましょう。
★ここでエラーが出るときは、ブラウザごと終了して、もう一度①からやりましょう。
★ぶっちゃけ毎度毎度面倒なので、http://go.henkaku.xyz/をブックマークしておくと、開いた瞬間から全て自動で起動できます。(というか、HENkakuを二度目以降起動しようとブラウザを開くとこのページが残っており、手動で閉じでもしない限り自動で起動します)
2017-03-06-161809

⑥こんな画面になるので、待ちましょう。インストールが進んでいきます。(画像は2度目以降の起動、インストールはすでに済んでいるのでHENkakuの起動のみ)
2017-03-06-161815

⑦ホーム画面にmolecularshellがあれば成功です。
2017-03-06-161834
実はmolecularshellのバブルを開いた画面にある「install 変革」でも通常状態のvitaからHENkakuを有効化出来ます。(インターネットブラウザが立ち上がってHENkakuのサイトに自動でアクセスできるだけ。さっきのブックマークとかのほうが便利なんです…)
2017-03-06-161838


導入後

 導入後はvitashellをインストールするなどして、環境の整備をしていきます(長いので別記事にて扱います)。また、offline installerを導入して、インターネットブラウザではなくメール経由でHENkakuを有効化出来るようにすることも出来ます。もちろんプラグインを導入したりセーブデータのバックアップ・リストアもできるようになります。
 このブログでも備忘録として一部のものについては書いていきますが、それ以外のものは様々なウェブサイトを利用して導入してみてください。 




スポンサーリンク


【当ブログの利用についてのお願い】
当ブログ及び記事へのリンクは全てご自由にどうぞ。
但し法的に問題のあるウェブサイトからのリンク・転載等は一切お断りいたします。
記事全文のコピーなどの行為もお辞めください。一部引用等は問題ありません。

↑このページのトップヘ