wafuwafu雑記帳

気になったことを気ままに書き連ねていきます。

スポンサーリンク



動きました


 などと、動かない動かないと連呼しておりましたが、特定の条件を満たせばo3dsでもntr cfwが動作し、チートなどを使用することが出来ることを確認しました。誤報を流してしまい、申し訳ありません。

※n3dsの方はこの記事を参考にしなくても、通常の方法でntr cfwを使用できます。この記事はo3ds向けのものです。…とはいっても、インストールするciaファイルとbinファイルを変えるだけなのですが。

必要なもの・条件

・NTR CFW(mode-3)…mode3とは、o3dsにおいてメモリ不足のためntr cfwが動かないのを解消するためのものだそうです。n3dsでは通常のntr cfwを使うように、ともされています。

 ここから、BootNTR-Mode3.ciaとntr.zipをダウンロードします。BootNTR-Mode3.ciaはFBIなどを経由し、3DSにインストールします。ntr.zipは、中身のntr.o3ds.binをSDカードのルートにコピーします。

・プラグイン等

 有名なspeedflyから落とすのが一番ラクなような。

 ★ここで条件!

 Plugins in extended memory mode should not take too much memory. It is recommended that plugins should not take memory larger than 300KB (including the plugin file and the memory dynamically allocated from the plugin).
 拡張メモリモードで動作するゲームでのプラグインは、多くのメモリを確保してはいけません。プラグインが300KB(プラグインファイルと、プラグインに直接割り当てられるメモリを含む)より大きなメモリを確保すべきではありません。

 つまり、せいぜい数十KBのcheat.plgでないとmode3において動作しないのです。なので、speedfly.cnなどにおいて、mode3用(またはo3ds用とされています)のものを探すことで、動作が可能となります。

 参考…以下のリンクの、百度(baidu)からダウンロードすると、MHXXのmode3用のファイルが手に入るので、使ってみても良いかもしれません。


 ファイルを手に入れたら、cheat.plgと改名します。
 ここでSDカードのルートにpluginフォルダを作り、その中に0004000000197100というフォルダを作ります。その中にcheat.plgを配置します。

 ※0004000000197100とは、MHXXのIDです。他のゲームのIDは以下のリンクより調べてください。


起動してみる

それでは3DSを起動してみます。こちらはluma3ds、emunand 11.3、o3dsで実施しました。
まずは、ntr cfw mode3を起動します。
DSC_0401
下画面に文字が表示されますので、homeに戻るよう指示があったら、homeボタンを押してホーム画面に戻ります。
DSC_0402
DSC_0403
ここで「絶対にntr cfwを終了させずに」(要は閉じない、MHXXの起動時に「中断しているソフトを終了してこのソフトをはじめますか?」と聞かれたらそこは「OK」を選択してOK)、MHXXを起動します。
DSC_0404
DSC_0405
XとYを同時に押せばこの通り、動作します。
DSC_0400

以上です。




スポンサーリンク

注意:誤報でした。以下のリンクをご覧ください。


もうMHXXが発売される頃ですから、一言いいますと、o3dsにてntr cfwでmhxなどは動作しません
これにはメモリが関係してまして、o3dsの場合、mhxはメモリ確保のために3dsのosを落として動作しています。そこにntr cfwが介入しようとしてもメモリが不足している(というかosが落とされている)ので動作しないのです。
ですから、mhxxも多分動作しないでしょう。

打開策は、gateway3dsを使用すること、です。もちろんカートリッジが必要です。この場合は不安定になるなど言われていますが、動作します。
またはn3dsに買い換えること。この場合ntr cfwは動作しますからね。

もちろん、セーブデータを引っこ抜いてpcで編集することはできるでしょう。しかしリアルタイムでチートなどを使用するのは、o3dsにおいては厳しいと言わざるを得ません。出来るなどという情報もありますが、できません。




スポンサーリンク


【当ブログの利用についてのお願い】
当ブログ及び記事へのリンクは全てご自由にどうぞ。
但し法的に問題のあるウェブサイトからのリンク・転載等は一切お断りいたします。
記事全文のコピーなどの行為もお辞めください。一部引用等は問題ありません。

↑このページのトップヘ